サプリメントにも様々な種類がある

画像

機能性表示食品とは

高血糖対策ができる血糖値サプリメントでも、いろいろな分類があります。ここではその選び方の指標として、その食品分類について考えてみたいと思います。

最近注目されている「機能性表示食品」に分類されるサプリメントです。これは安全性・機能性について一定の条件をクリアしたものについて、企業・生産者の責任で「どのような機能があるか」「体のどの部分に良い作用をもたらすか」を表示することができるという表示制度で、消費者側からはその機能や効果が表れる部位に応じたサプリメント・食品の選び方ができるようになります。後述する「特定保健用食品」では認められていない「ストレス」「睡眠」といった表示も可能です。

血糖値サプリメントでも、機能性表示食品として消費者庁から許可を受けると高血糖に効果があるということをよりわかりやすく伝えることができるようになっています。また、機能性について一定の基準を満たす必要があるということで利用者側の安心にもつながりますね。

栄養機能食品とは

栄養機能食品とは、普段の食事では必要量を摂取しにくい栄養素など、栄養補給を主な目的として利用される食品になります。この栄養機能食品を表示するためには、国が定めた一定の規格基準に適合していなければなりません。

栄養機能食品は特定の栄養素の補給が目的である食品ですから、その食品だけで人間に必要なすべての栄養素をバランスよく補給することができるというものではありません。カルシウムならカルシウムの補給、ビタミンCならビタミンCの補給といった形で、それぞれの栄養素がサプリメント1粒あたり何mg補給できるかが明示されているのでその表示をよく確認して選ぶことが大切になるでしょう。

また、栄養機能食品では栄養効果についての記載に制限がかかります。例えばカルシウムなら、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」という決まった表現しかできず、この食品を食べることで骨や歯が丈夫になる!といった表現をすることはできません。

特定保健用食品とは

特定保健用食品(通称:トクホ)は消費者庁が商品ごとにその保健効果・安全性を審査して許可を出す食品です。おなじみの「トクホマーク」をつけて販売することができます。

このトクホとして認められるためには、特定の効果が科学的に証明されているということで消費者庁の認定を受ける必要があります。トクホとして認められた食品では、○○を含んでいるため~~に役立ちますといった形でその効果を表記することができるようになります。

トクホは万能ではありません。医薬品とは全く違うものですから、病気の治療で利用されるものとはなりません。おなかの調子を整える、血圧や血糖値が気になる方に適する、虫歯の原因になりにくいといった内容のものが一般的で、その保健効果は一部に限られます。

血糖値が気になる方向けのトクホでは、保健機能成分としてL-アラビノース、グァバ葉ポリフェノール、難消化性デキストリン、小麦アルブミン、豆鼓エキスが認められています。

その他のサプリメントとは

上記の機能性表示食品、栄養機能食品、特定保健用食品以外でもサプリメントとして販売されているものはたくさんあります。

このサプリメントは特に法律上の定義がなされているものではなく、広く健康の増進や栄養補給に役立つものを健康食品と呼んでいて、その健康食品の一形態としてサプリメントがあるということになります。

具体的には、サプリメントは特定の栄養素、健康効果の高い植物を錠剤やカプセル、粉末状に製造加工したものとなります。健康食品との区別は具体的な定義はありませんが、サプリメントは手軽に摂取することができるものというイメージが強いですね。商品の印象、販売者の商品戦略として「健康食品」「サプリメント」どちらの表現がされるか変わってきます。

サプリメントはカプセルや錠剤などの形をしているため、医薬品に近い物と混同している方がいますがあくまで「食品」です。過度の期待をするものではないので、その点はよく理解しておく必要があるでしょう。

TOPへ戻る